KAGAYA.COM

TKM Journal

間の世界


オクダさんとあったのはもう二日前だ。

二十二歳の才媛である。
彼女の活動のエネルギーは本物であろう。
四ヶ国語を話し、脳外科医として働き、実業家として事業をつくる。
彼女は奢ることなくそれをおこなっている。

清田くんのもつあの空気とは異なるが透明な感覚があった。
彼女がのぞむものは何なのだろう。
そこにある根源は何なのだろう。
それをしばし考えた。

考えたがわからなかった。

翌朝、起きて空を見た。
太陽があった。
雲があった。
空があった。

そして久しぶりにブログを書いている。
昨夜、何年かぶりでナカセ君に会ったのがきっかけである。

ブログを書くのを止めてしまったのはtwitterやfacebookのタイムラインへの投稿の方が情報の流動性が高いからである。
エントリーというパッケージは常時接続が一般化し、大多数の人がスマートフォンを利用する現在の環境下では違和感があるように感じる。

ブログのエントリーは情報がそこにとどまっている。
ニュースサービスやFacebook、Twitterを通じて急速に伝播することもあるがエントリーとしてパッケージ化された言葉は基本的にはひっそりと自分の場所にとどまっている。

これは言葉というよりも文字の感覚である。
文章なのだからあたりまえ、と言われるかもしれないけれど、タイムラインを流れていく文字列はより言葉に近く発話されては消えていく。

文字であるが固定されていない。
面白いものだ、と思う。

先日、清田くんと話をしていた時にこう言われた。

「カガヤくん、「今」という時間は過去と未来の間にあるんだよ。過去の”カ”と未来の”ミ”でカミだよね、今って”カミの時間”じゃないのかな」

あらゆるものは間に存在する。
そんなことを考えた。

「今」という存在は「間」にある。

それは宇宙の摂理であろう。
どちらかに偏り、とどまり、安定しようとすることは宇宙の摂理の外にあるのかもしれない。
だからそうした存在や状態に接するとどうしようもないストレスを感じるのだろう。

「地球と太陽の間とは絶妙だよ。もっと近ければ干涸びるし、遠ければ凍ってしまう。この絶妙な間に生きてるのが我々なんだよね」

そんな話もした。

絶妙の「間」によってつくられているのが我々の世界。
なんとも不思議な気分になった。

それからずっとそんなことを話した。
安定と不安的の間、右と左の間、上と下の間、あらゆるものの間な状態。
相転移そのものが有するエネルギーと説明不可能な魅力。

こうしたものや状態がどんどん現実世界に入り込んでくる。
情報テクノロジーの発展はこれを加速させるのだろう。

あらがうものと「間」を取り込むものの混在。
そして、渦巻く複数の価値観、概念の変化と発生。

そんな稀有な瞬間に立ち会えるのではないかというかすかな期待がある。
いやはや、世界とは面白い。

伝わるべきところに伝わるべき情報がつたわる世界。
なんとかその気配だけでも実現させたいと日々思っている。

下記は先週発表した新作「neurocam」である。
気持ちを記録するカメラがあったら我々は何を感じるのだろう、そんなノリでつくったプロダクトである。来週サンフランシスコでデモをするので興味がある方は連絡をください。

Written by TKM

10月 31st, 2013 at 8:23 pm

Posted in エッセイ

言の葉の庭


なんだろう。
夏と雨と消え去る時間と真っ直ぐな気持ちと心が開くことの映画であった。

心がひらく。

その瞬間が45分という時間の中にたたみこまれ、ふくらみと凝縮が混在した点をつくりだしていた。
そこにあるのは時間であり、感覚であり、消えるのだけれど消えないなにかである。

我々は概念としての「それ」のためにあるのではないか、そう思った。

Written by TKM

6月 28th, 2013 at 11:50 am

Posted in 映画

プリウスと警察研究所


プリウスと警察研究所の夢を観た。

ツチヤくんのプリウスで月島警察に向かう。
これから警察の研究所で話をする予定である。

なんでプリウスを買ったのとツチヤくんにきくと営業の人がきてその人がよい人だったんですよ、とのことであった。
どういうこと、ときくと、今度、車がでたんですよ、プリウスPCっていうんです、と言われてPCという言葉にやられました。
最初はインサイトに乗ったんですが、これは車でした。でも、プリウスはPCですよ。ぐっときませんか、とのことであった。

実際、ツチヤくんは前をみないで後ろの座席に乗った自分と話をしながら運転している。
運転席の後ろに前方の映像を確認できるモニターがあり、これをみながら運転しているようであった。
逆に前方のパネルには後方の映像が映し出されている。
PCという名前の由来はこのあたりの自在な情報提供環境にあるのかもしれない。

しばらくして月島警察に到着した。
コヤマさんが待っていた。

二人で警察の方をたずねた。
剣道部からでてきたような男性と研究所な女性の二人が対応してくれた。
コヤマさんは”necomimi”の写真を切り抜いたシートを持っていて、名刺と一緒に警察研究所の人に渡した。
彼は”necomimi”を激賞してくれた。
曰く、この製品によってこれまでこの研究所でアイデアとして消えていった山のようなペーパーがリアルになった、これは本当に扉をあけたかもしれない、とのことであった。

名刺を取り出して、彼と女性に渡した。
女性に渡した方の名刺はなぜか赤の地にキティの絵柄であった。

それから二人に連れられて会議室に向かった。
途中で、先ほどの研究所の剣道家ライクな人から例えばこういうことです。
ピンポイントでその場所にだけ一滴の雨を降らせることができたらどうですか。
これはアイデアとしてダメだと思われていたけれど、できたら世界が変わるでしょ、そういうことなんです、とのことであった。

途中で、コヤマさんにトウダイヒロバというニコ動のチャンネルをみるように言われた。

Written by TKM

3月 3rd, 2013 at 9:39 am

Posted in 夢日記

生ハムの夢


生ハムの夢を観た。

実家に帰るとイズルくんのお姉ちゃんが生ハムを持ってスペインから帰ってきてるとのことであった。
ひさしぶりに近所の彼の家に行ってみることにした。

EV化されたプリウスに乗って彼の家に向かう。
といっても200mくらいの距離である。

彼の家に着くとすでに明かりがきえている。

サイドブレーキをかけてパーキングに入れ、車を止める。
電源は落とさない。

時刻は12時近い。
明日にしたほうがよいかと思ったが裏庭は障子だったはずなのでいってみると障子は開いていた。
1Fには人影がない。

台所に向かう。

居間にはラジカセがあった。
再生ボタンを押すとレディー・ガガが流れた。
大音量だったのでボリュームを絞った。

台所のテーブルの上いっぱいに幅80cmくらいの生ハムスライスが並べられている。
松阪牛のようにサシがはいっている。
その中の一枚を手にとって半分ほどの大きさに裂き、近くの袋に入れた。
テーブルの脇には紙くずが落ちていた。
卵の欠片もあったのでそれらを白いビニールのゴミ袋に入れてわきにのせた。

30cmくらいの大きさにちぎった生ハム4枚をビニール袋に入れた。
冷蔵庫からアイスクリームを二つ取り出して一緒に持った。

家には人の姿がなかったので生ハムを少しいただきましたと書き置きを残して車に戻った。

サークル状の交差点の近くにアクセラレーターのオフィスができたので立ち寄った。
オフィスの1Fはレストランになっていて高校生達が集まって勉強している。
2Fでミーティングとのことだったので回廊状の階段をのぼっていった。

Written by TKM

2月 27th, 2013 at 9:09 am

Posted in 夢日記

見知らぬ部屋の夢


知らない部屋の夢を観た。

部屋に帰ると巨木のある部屋であった。
二階への階段は腐界のごとくコケに覆われている。
一部の木々は腐っており、ボロボロと落ちていく。
部屋の1Fには店がある。
店はオーナーが運営しており、様々なガラクタが売られている。

階段は途中からはしごになっている。
はしごも落ちていきそうだ。

目が覚めると青い空と電波塔が見えた。
電波塔は赤と白に彩られている。

青い空がいい感じだったのでインスタグラムで写真を撮ろうとした。

2Fに上がっていくと自分が布団で眠っていることに気づいた。
ベランダで眠っている。
黒い掛け布団は最新式でダウンジャケットの技術を転用したものであった。

物音がするので向こうをむると階段をのぼったテラスのあたりにダウンジャケットが4枚くらい投げ置かれている。
オーナーが荷物を片づけにきたようだ。
外は雨と雪が舞っている。
寒くはない。

オーナーに挨拶をしようと身体を起こすと4人くらいの一団が階段を登ってきた。
雪を見つめていると時折空中で雪が静止するのがわかった。

一団はいぜん、この部屋に住んでいた人々とのことであった。
懐かしいので中を見せてください、と言われた。
一緒に中に入った。

リビングの隣には部屋が二つあった。
奥の部屋の扉はあけたことがない。

ハセガワさんとカメラマンがやってきて一緒に写真を撮りたいという。
できれば目線は睨み系でといわれたので何枚か写真を撮った。

おじさんがふたり娘を連れて上げってきた。
中は畳がしかれている。
みんな土足である。

不動産屋のかかりの女の子がお久しぶりです、と挨拶しにきた。
撮影をしていると写真の束を見つけた。
いまから40年前の写真であった。
写真はGIFになっていてアニメーションのように数秒間が記録されている。

友人の若いころの写真である。
中央でジャケットをきてギターを弾いている。
友人の奥さんの姉さんの写真もあった。
修学旅行のひとこまで大仏のまえで撮影されたその写真で彼女は居眠りをしている。

おばあさんも一緒に撮影することになった。
カメラマンがフィルムを交換している。
おしんこを食べるように言われたので手を伸ばした。

Written by TKM

2月 26th, 2013 at 7:50 am

Posted in 夢日記

妖魔殿とアーチェリーの夢


妖魔殿とアーチェリーの夢を観た。

車で駅までむかっている。山間の道である。

ふと脇をみると不思議な建造物があった。
それは妖魔殿のような建物で道の下に坂にそって広がっていた。
樹木の根を思わせる建造物の一群である。
本殿とそれにともなう参道、その他の建物群である。
下に降りていった。

異常な構造物としかいいようがない。
道は極太の割り箸で描いたかのような樹木とも溶岩とも思える様相である。
大神がリアルに展開されているかのようだ。

凄まじい気であるがあまりにも異質なので立ち去ろうとした。
刹那、盲目の男性が開館は17時までですと声をかけてきた。

既に道にもどってきていたが声をかけられたので料金を払って下におりざるえない。
料金は150円であった。
550円を渡してしまったが男性はこれは500円ですね、といって返してくれた。

受付の場所はすり鉢状になっている。

子どもたちが6人降りてきた。
彼の子供であろうか。
上は高校生、下は小学校低学年まで第家族である。

異様な場所にもかかわらず彼らは楽しそうにそこいらを走り回っている。
また、少女の目は綺麗であった。

何故このような場所にいるのかを男性に尋ねた。
彼によればここを開いたのはある導師であるとのことだった。

彼らは導師にたくされた4つの殿をまわっているのだという。
それにしても異様である。

仕方なく妖魔殿へおりようとした。
子供たちはすり鉢状の場の脇にある池で遊んでいる。

彼らがもっているという4つの殿の映像が脳裏をよぎった。
ひとつひとつは大きな殿である。

大きな杉の木がある庭にある殿は四階建ての木造建造物で千と千尋の神隠しを思わせる様相だ。
そこに信者とおもわれる一群が集っている。

男性もそこにいる。
不思議なことにふすまには食べ物の名前と値段が書かれている。
そのことについて意識した刹那、男性の奥さんと思しき女性が男性を叱咤する映像が見えた。
彼は膳にビールを注いでいるのだがその注ぎ方がまずいので叱られているようであった。

映像には蜘蛛の巣が見えた。

子どもたちは池で遊んでいる。
池の淵に女性が座っている。
自分がみていたのは彼女の視点であったことに気づいた。
彼女が池に降りようとしたその瞬間、盲目の男性が刮目し彼女の背を押そうとしていた。
彼の手が彼女の背を押す直前に彼女は池に舞った。

子どもたちは彼女のもとに集まってきた。
刮目した男性は黄色く光り、池の底へと全員を誘おうとした。

観ている自分はそれを止めようとした。
音楽が流れてきた。
彼らの世界が二次元に変換された。

女性は水の底へ沈んでいく。
しかし、深さが存在しないため落ちていくことはない。
すんでのところでまにあったようだ。

アニメの最後に次回へとつなげるために回想的に未来が定時される、そんな時間があった。
彼女はどうなるのだろう、子供たちと、刮目した男性はどうなるのだろう。
そんなことを考えた。

道路に戻って歩き出した。
道路沿いに弓道場があった。

そこは某企業の練習場である。
弓道場にしては距離が長い。

50mくらいはあるのではないだろうか。
アーチェリーで役員が的を射る練習をしている。
オーナーの姿もみえる。

ネットの近くには子どもたちが50人くらい集まっている。
彼らは野球のファンらしかった。
ネットの周りにはソフトボールがたくさん落ちていた。

ボールを握ってネットに向かって投げた。
小学生全員が同じようにネットに向かってボールを投げた。
数十個のボールはものすごいスピードでネットに突き刺さった。

実家の2Fのトイレにいった。
推薦トイレであるがシャワーがついている。
温水のシャワーである。

Written by TKM

2月 20th, 2013 at 8:00 am

Posted in 夢日記

バスと床屋の夢


バスと床屋の夢を観た。

小川直也がやっている床屋にいった。
髭をそってもらっているとブドウさんを紹介しますよ、と言われた。
誰だろうと思って顔を向けると石井館長であった。

挨拶をしてしばらく話をした。
それからオフィスに向かった。

オフィスのテーブルに新聞やチョコやエンゼルパイやコーラが並んでいた。
チョコがまぶされたお菓子を食べた。
176キロカロリーであった。

近況について話をした。

ある不思議な小説について話した。
その小説の30ページ目くらいにこんな記号が書かれている。
「●→」これが世界を構成する分子として小説の中で意味を構成していた。
この記号群を俯瞰すると意味が現れた。
歯車が二つ組合わさって意味をつくりはじめた。
縦書の小説であった。

テーブルでカードゲームをやることになった。
食に関するカードゲームであった。
どうやるのかわからないので取り敢えずカードを並べていった。
ジュニアカードというのがあってこれを使うと逆転できる、と書かれていた。

しばらくしてゲームの意味を理解した。
物語構成カードであった。
茅ヶ崎カード、寿司屋カード、タクシーカード、サーフィンカードなどがあった場合、茅ヶ崎にサーフィンにいって寿司屋で食事をしたら眠くなったのでタクシーで帰りました、というように揃えて場に出すことで特典になるのである。
ジュニアカードは負けそうになった場合に出すと相手の子供になりすべての得点をシェアできるというものであった。

カードゲームを終えて駅に向かった。
バス停でバスを待つ。
いつまで待ってもバスはこない。

オジサンがバス停に自転車で乗り込んできた。
彼はこのあたりでは有名な無法者である。
どう立ち会ってもルールを無視するので迷惑な相手として認識されており、タクシーの運転手も警官も扱いに困っている。
彼は近くの喫茶店に行った。
こうした人物にどう対処したものかカミヤさんとしばし議論した。

バスがなかなか来ないので喫茶店の2Fにいくとみんなが休んでいた。
夏の午後である。
友人の娘がいたのでバスの時間を尋ねると後からパパが送ってくれるはずなのでここで待つ、というそれもそうだな、と答えて二人で漫画を読んだ。

Written by TKM

2月 18th, 2013 at 10:00 am

Posted in 夢日記

携帯ゲーム機と神社の夢


携帯ゲーム機と神社の夢を観た。

ツダくんとクロサカ氏が新しい携帯ゲーム機をみせてくれた。
中国語バージョンである。

クラウドファンディングで作成された筐体の上面と横面には液晶での表現がなされていた。
DSを角ばらせて1.5倍くらいにしたサイズである。
黒を基調にしており、外面はLEDで中国を感じさせる派手目の色合いでサイネージっぽい。
面白いのは書籍の背表紙のように側面の小さな部分にもLEDが仕込まれており、そこにタイトルやら様々な情報が表示されている。

筐体を開くとメインの画面はモノクロの液晶になっており、あらゆる音楽コンテンツへのフリーアクセスが実現されていた。
しばらく筐体について議論してから神社に向かった。

神社は山の上にある。
外は暗い。
チゴノくんの案内で山道を歩いている。

夜なのでお参りは控えた方がよい、という話なった。
チゴノくんの終電の時間を調べてから中華料理店に向かった。

同級生が営む中華料理店は山頂にあって十階建ての立派なビルである。
お店に入ると同級生が対応してくれた。

メガネをかけたおじさんがおばあさんを案内していた。
彼がこのお店のオーナーである。
屋上にお風呂があるので入って行きない、と言われた。

屋上に向かうと立派な公園であった。
このお店でしか売っていないチューブ石鹸がおいてあった。
これは名物でここにくるとみんな購入していくのだそうだ。

その石鹸を間違えてパーカーの頭のところに塗りこんでしまったのでパーカーごと洗った。

お風呂のお礼をいって店をでた。
近くの宴会場で法事がおこなわれている。
宴会場は公園の近くにある。

100人くらいは入ることができる宴会場である。
廊下を歩いていると声をかけられた。
某企業のボードメンバーの方々である。
席を用意してあるのでよって行ってくれ、と言われた。

廊下を挟んで彼らの座が用意されており、右側のテーブルの座布団に座った。
これから彼らの年次総会がおこなわれるのだという。

妹に頼まれていた漫画を探さなければいけないのを思い出したので途中でコンビニに向かった。
特集号は分厚く、コロコロコミックくらいあった。
犬が話す漫画であった。

Written by TKM

2月 14th, 2013 at 9:08 am

Posted in 夢日記

レンタカーとラーメン屋と夜の引力の夢


レンタカーとラーメン屋の夢を観た。

マツムラさんを迎えにいくのに車に乗った。
レンタカーである。
バックで車をまわす。
あぶないよ、そう言われて車が縁石ギリギリのところを弧を描いてバックしてたことに気づいた。
タクシーとすれすれのところで展開し道路にでた。

銀座に車を走らせる。
途中、幾度か坂道を通った。
オーバーパスである。

道は大きく坂になっている。
車はマニュアル車である。

幾度目かの坂道で角度が60度を超えていた。
ほぼ垂直に思えた。

サイドブレーキを使って発振しなければ難しい。
なんとかクラッチをミートさせ垂直の壁を登った。

タケヤマ先生とオサムと合流し、キャンパスの階段を降りた。
階段の途中で建物の間から雪山が見えた。
ヒマラヤである。
荘厳な姿にしばしみとれた。

インスタグラムで写真をとるために幾度か前後にポイントを探した。
階段を降りきった所でオサムが塗料の入ったボックスを運びます、といって去っていった。
箱は重そうなので手伝う、といったのだが大丈夫ですといってかれは歩いて行った。

ラーメン屋の開店時間が近づいている。
ラーメン屋に入って休むことにした。
店にはソファーがある。

奇妙な男がいろいろと手伝ってくれる。
終電前の次官にオオタニが来て、足りないものはないですかと言って走って駅に向かっていった。
ちょっときてくださいというので駅の階段のところまでいくとリュックやらなにやらたくさんの荷物を階段において、明日の予定について話はじめた。

オオタニのリュックは階段と階段の間の溝の上におかれていた。
オジサンがやってきてそのリュックをのけようとしたので我々は荷物を片付けた。
そこは暖をとる人々にとっては重要な通風口になっていたらしい。

明日の朝また来ますそういってオオタニは荷物を幾つかまとめるとこちらをみて、そして電車へと向かっていった。

店にもどる途中、円錐のニューロヘッドフォンがはいったケースを運んでいることに気づいた。
物理法則が集約されていく印象を受けた。
ケースは砂を有しており、中には引力が入っていた。

Written by TKM

2月 11th, 2013 at 8:10 am

Posted in 夢日記

ドラえもんのゲームの夢とトンカツと鏡餅


ドラえもんのゲームの夢を観た。

奥行きのあるマリオのパチものっぽい木でできたステージである。
そこに線画が浮かんでいる。
ドラえもんとのび太を操作し、線画のシルエットに彼らを合致させるとその面がクリアになる。

奥行きがあるので3D空間での操作になる。
Bダッシュは使えない。
ドラえもんの道具も使えない。

操作の先々で彼らは立体化しアニメ化される。
マリオに似ているが否なるものである。

ゲームをプレイしながら電車に乗った。
駅弁を食べようとしたところで次の面へと進んだ。

次の面は船であった。

家に帰ってこたつに横になった。
夜である。

ナカノさんが50mは学校で一番はやかったですよ、というので外で競争することになった。
クラウチングスタートのポーズをとったところで気づいた。
ストレッチをやっていないので筋肉を痛める可能性がある。
ちょっとまって、ストレッチする、といってアキレス腱を伸ばした。

それから位置について走った。
その刹那、ゴールに着いていた。
正確にはゴール地点でうつ伏せで眠っていた。

二階で眠った方がいいので二階にいった。
起きると冷凍ミカンの袋があった。
これ美味しいですよね、と言われた。
一欠片だけ食べて眠ってしまったようだ。

キタさんが相談にきて来月の展示会ではトンカツでいこうと思うがどう、と効かれた。
トンカツも悪くないけれど、と答えようとするとオカダくんが、オレ昨年まではKISSのアドバイザーやってたんですよTシャツもつくりましたね、と言われた。

なるほどじゃあトンカツでいいのではないか、とキタさんに答えた。
キタさんいわく、5人が乗れる鏡餅であれば問題ないんだよ、とのことであった。
面白そうな展示会だ。

Written by TKM

2月 10th, 2013 at 9:05 am

Posted in 夢日記