KAGAYA.COM

TKM Journal

Archive for the ‘エッセイ’ Category

間の世界

without comments

オクダさんとあったのはもう二日前だ。

二十二歳の才媛である。
彼女の活動のエネルギーは本物であろう。
四ヶ国語を話し、脳外科医として働き、実業家として事業をつくる。
彼女は奢ることなくそれをおこなっている。

清田くんのもつあの空気とは異なるが透明な感覚があった。
彼女がのぞむものは何なのだろう。
そこにある根源は何なのだろう。
それをしばし考えた。

考えたがわからなかった。

翌朝、起きて空を見た。
太陽があった。
雲があった。
空があった。

そして久しぶりにブログを書いている。
昨夜、何年かぶりでナカセ君に会ったのがきっかけである。

ブログを書くのを止めてしまったのはtwitterやfacebookのタイムラインへの投稿の方が情報の流動性が高いからである。
エントリーというパッケージは常時接続が一般化し、大多数の人がスマートフォンを利用する現在の環境下では違和感があるように感じる。

ブログのエントリーは情報がそこにとどまっている。
ニュースサービスやFacebook、Twitterを通じて急速に伝播することもあるがエントリーとしてパッケージ化された言葉は基本的にはひっそりと自分の場所にとどまっている。

これは言葉というよりも文字の感覚である。
文章なのだからあたりまえ、と言われるかもしれないけれど、タイムラインを流れていく文字列はより言葉に近く発話されては消えていく。

文字であるが固定されていない。
面白いものだ、と思う。

先日、清田くんと話をしていた時にこう言われた。

「カガヤくん、「今」という時間は過去と未来の間にあるんだよ。過去の”カ”と未来の”ミ”でカミだよね、今って”カミの時間”じゃないのかな」

あらゆるものは間に存在する。
そんなことを考えた。

「今」という存在は「間」にある。

それは宇宙の摂理であろう。
どちらかに偏り、とどまり、安定しようとすることは宇宙の摂理の外にあるのかもしれない。
だからそうした存在や状態に接するとどうしようもないストレスを感じるのだろう。

「地球と太陽の間とは絶妙だよ。もっと近ければ干涸びるし、遠ければ凍ってしまう。この絶妙な間に生きてるのが我々なんだよね」

そんな話もした。

絶妙の「間」によってつくられているのが我々の世界。
なんとも不思議な気分になった。

それからずっとそんなことを話した。
安定と不安的の間、右と左の間、上と下の間、あらゆるものの間な状態。
相転移そのものが有するエネルギーと説明不可能な魅力。

こうしたものや状態がどんどん現実世界に入り込んでくる。
情報テクノロジーの発展はこれを加速させるのだろう。

あらがうものと「間」を取り込むものの混在。
そして、渦巻く複数の価値観、概念の変化と発生。

そんな稀有な瞬間に立ち会えるのではないかというかすかな期待がある。
いやはや、世界とは面白い。

伝わるべきところに伝わるべき情報がつたわる世界。
なんとかその気配だけでも実現させたいと日々思っている。

下記は先週発表した新作「neurocam」である。
気持ちを記録するカメラがあったら我々は何を感じるのだろう、そんなノリでつくったプロダクトである。来週サンフランシスコでデモをするので興味がある方は連絡をください。

Written by TKM

10月 31st, 2013 at 8:23 pm

Posted in エッセイ

Wii U雑感 〜気持ちよさと間の悪さの混在〜。

without comments

IMG_1081

昨日、新年会のゲーム大会でneurowearチームが健闘しWii Uを獲得した。今日からGoogle Street Uがスタートとのことだったので早速、チームメンバーで試してみた。

なるほどよくできている。
普段から見慣れているはずのストリートビューが加速度センサーに応じて手元のコントローラーの画面上で仮想空間として展開され別なものに感じられた。
こうした体感をつくるだすデバイスとしてのWii Uは非常に面白いと感じた。

一方、どうしようもなくストレスを感じたのはファンクションが切り替わる際のレスポンスの悪さである。
アプリケーションに切り替わってからのパフォーマンスは申し分ないだけに切り替えの際の遅さが気になって仕方がない。

具体的にはネット系のアプリを立ち上げる、ダウンロードをする、などiPhoneやiPadで普段使っている機能にアクセスしようとすると切り替えの際に数十秒の待ちが発生する。

この切替の「間の悪さ」が非常に気になった。
とはいえ3万円以下でこれだけの体験を提供するのは並大抵のことではないし、アプリケーションに切り替わってからのパフォーマンス申し分ない。

それだけに各種IDの登録時のストレスや間の悪さが目立ってしまうように思われた。
どうしてこの「待ち」あるいは「間」ができてしまったのだろう。

Written by TKM

2月 7th, 2013 at 10:44 pm

Posted in エッセイ

脳ドライブの夜

without comments

IMG_1071

今日は感慨深い瞬間を得たので久しぶりにエントリーを書く気になった。

iPhoneマガジンのロケの後にオフィスに戻りある作業にとりかかった。
昼に行なっていた作業の続きなのだが作業用のシステムにバグがあり再作業を余儀なくされた。

何のためにどんな作業をしていたかはおいおいこのブログでも伝えていきたいが、今回、我々、neurowearが取り組んでいるのは「音楽」である。

実に7年ぶりに音楽関連サービスを進めている。
前回は津田くんや石川さんとの挑戦であった。

今回は全く別の属性を持つ多様なメンバーでオンライン音楽サービスの大きな課題に取り組んでいる。
発表は3月のSXSWを予定している。

興味のある方は連絡いただければプレビューへとご招待したい。

そうそう、久しぶりにエントリーを書きたくなった理由だがさきほど数時間ある作業をおこなっている時のことだ。
脳に回路が定着するような懐かしい感覚があった。

この感覚は久しぶりである。
脳がドライブする感覚といったらいいだろうか。
“necomimi”をやっていた時とは異なる感覚である。

“necomimi”における最も重要な瞬間については講演などで幾度か触れている。
あれは新しい何かに接した時の「ヘウレーカ」な感覚であった。

さきほど感じたのはそれとは異なる。
意識の拡張感のようなものであったように思う。

この感覚を記録しておかなければ、と直感した。
だから久しぶりにエントリーを書いた。

言葉としてここに固定しておかなければ意識をすり抜け、消えてしまうであろう気配のような存在。
それを感じたのである。

聴くという行為が情報との対話へとつながる可能性といったらいいだろうか。
身体の拡張ではなく、感覚が開けていく、しかも無限に、を感じた夜であった。

Written by TKM

2月 5th, 2013 at 11:57 pm

Posted in エッセイ

2000年代のブログのタイトルと著者名への違和感とオンラインテキストメディアの変移

without comments

‎2000年代にブログが流行った。
その頃の著名ブログのタイトルやペンネームはいまみてみると照れくさくなるものが多い。本でいえば「カバーつけますか」「はい」という感じである。
これは何なのだろう、とあらためて考えてみた。

ようは実名ではないのである。

これはこれで一時代をつくった、とも言える。
実に面白いブログもあった。

では、いまそうしたブログをみるのかといえばまったくみない。

ブログというものをほんとど読まなくなって久しい。
これはどういうことなのだろうか。

これはゲームがパッケージ型からリアルタイム&ライト型にかわってきたのと似てるように感じられる。投下できる時間資本が同じであれば単位時間あたりのパフォーマンスがよい情報へと消費傾向は変わっていく。

Twitterやfacebookにおけるタイムラインというあたらしいテキストメディアができてからブログとの接触時間は圧倒的に減ったように思う。

この傾向は個人のプロモーション、メディアの問題ではなく広く情報を伝えるということにおいての大きな変化の入り口なのだろうか。

ブログで切り開かれたプロ・アマのフラット化はあらゆる人を巻き込んでアーキテクチャと価値を変えつつある。1万字の良質なコンテンツと140文字のインパクトを同列に扱うことはもはや不可能である。

それらは同じ文字だが質と価値基盤がまったく異なる。

Written by TKM

6月 26th, 2012 at 1:38 am

Posted in エッセイ

情報と因果の切れ目

without comments

あるサービスを使ってみて深く考えさせられた。
写真に音をつけるというのは昔からいろんなところで提案され時々実装されてきたサービスだと思う。
スマートフォンの時代になって同種のサービスが再びリリースされているのをみた。
サンプルを幾つか視聴した。
そこには驚きが全くなかった。

これは良いことなのか悪いことなのか。
おそらくサービス自体はとんでもなく深く考えられ練り上げられたものだと思う。
しかし体験としての驚きがまったく感じられないのである。

これは何を意味しているのだろう?

思想や思考法が正しくともそれが必ずしも正しい結果につながるわけではない、ということなのだろうか。
ことはそう単純ではなかろう。
どこかはわからないがある部分までは明らかに正しいのだ。
しかし何かがズレている。
それがズレている限り人には響かない。
あるいは人か技術が変化するまでは響かない、というケースもある。

どんなものにもすべての関係性が合致しバランスするタイミングやポイントは存在する。
しかしながらそのどれにも法則性はない。

脳に構造として組み込まれた「因果律」がそれを求めるのは理解できる。
だが、現実はその外にあるというのが自分の実感である。

ではどうすれば?

それこそ世界が探し求める情報のひとつであろう。

Written by TKM

5月 27th, 2012 at 9:38 pm

Posted in エッセイ

“necomimi”の一般販売がスタート!

without comments

スクリーンショット 2012-05-03 23.41.13.png

昨年の5月に発表した”necomimi”だが1年を経て消費者向けの製品として発売することができた。
たった4人でスタートしたプロジェクトがたくさんの人の笑顔をつくれるまでになったことは嬉しい限りである。
思うことは多々ある。
しかし、振り返りはもう少し先にとっておきたい。
ここからが第二シーズンのスタートである。

ニコニコ超会議での先行販売に続き、ニコニコショッピングでのオンライン販売が本日からはじまった。
これで誰でも”necomimi”が購入できるようになった。

この1年、”necomimi”について国内外の様々なメディアにインタビューしていただいた。
繰り返しになるが我々がつくりたかったのは「新しいコミュニケーション体験」である。
“necomimi”が具体的にどう役立つのかを説明するのは難しいのだけれど少なくとも、笑顔をつくること、そして、コミュニケーションのきっかけをつくることはできているように思う。

着けた人とそのまわりの人が笑顔になる、そんな体験と場を”necomimi”を通じてこれからも提供できればと考えている。
取り急ぎ、関係者の皆さん、ありがとうございました!!

necomimi@ニコニコショッピング
http://nicoshop.nicovideo.jp/item/G020000000162/

Written by TKM

5月 3rd, 2012 at 11:42 pm

Posted in エッセイ

Tagged with

猪木の声で幕を開けた2012年

without comments

‎2012年は猪木の声で幕をあけた。まさか南相馬でMacbookAirでニコ生を観ているとは想像もしなかった。今年がどのような一年になるのか楽しみ以外にないのだが先日のiPhoneマガジンの収録で書いた「天命」という言葉を実践していきたい。

奇しくも新年最初に読んだ文章は荒井さんがfacebookに書いていた「鬼十則」であった。
情報の不思議を感じた。

実は年末に強力過ぎるくらい強力なあるクリエイティブのラフ案があがってきた。そのインパクト足るや脳内でベータエンドルフィンが波打つような感覚であった。

実家で母が観ていた番組にそのクリエイティブの源流となる映像が流れた。
情報のつながりに感謝した。

情報はその価値を最大化するところに向かう特性を有している、というのが自分の考えである。2012年はテクノロジーのドライブによって抽象度の高い情報の流動性が高まり、この法則が加速してく。

脳波テクノロジーに関わるものとして「情報」の流動性と最適化によって「情感ダイナミズム」を最大化すべく活動していきたい。

皆さん、2012年もよろしくお願いします!

Written by TKM

1月 1st, 2012 at 12:17 am

Posted in エッセイ

東京ゲームショー参戦の雑感と国内外メディアの温度差

without comments

IMG_2632

neurowear “necomimi”@東京ゲームショー、怒涛の四日間が終わった。
ショーの前日に肩を骨折し、怪我を押しての参戦だったが得るものは大きかった。

最大の収穫は数百人のユーザーに”necomimi”を試遊してもらったことである。
実は”necomimi”の商品化にあたってある重大な課題をずっと議論していたのだが解決がみえた。

これは非常に大きな前進であった。

同時に「踊る大捜査線」にでてくる有名なセリフ「事件は会議室で起きてるんじゃない」が脳裏をよぎった。
組織体が大きくなれば合議制が必須とされるためある程度の解がみえていても選択できないというジレンマが生じる。
企業が大きくなるにつれリスク回避への同調圧力は大きいのだなあ、とあらためて思った。

我々は少人数のチームなのでかろうじてノリでここまでこれた。
これはかなりの幸運であったように思う。

もうひとつ今回のゲームショー参戦で感じたのは内外の放送メディアの温度差である。
総評になるが国内の放送メディアは「消費的」であるように思った。
そこでは消費用の「ネタ」収集が主目的であり、背景にある変化の兆しや思索による情報価値の創出と伝達は意図的に放棄されているように感じた。
現状のメディア産業の構造において放送メディアがこうした志向にあるのは合理的である。
しかし、あるべき情報のカタチはすでに別の方向に向かっているように思う。
情報メディアの拡散はそのあらわれであろう。

一方、海外メディアによる取材は映像は雑に見えるかもしれないが内容は国内のそれとは全く異なる。
彼らの「視点で伝える」ことが主目的となっており、少なからず彼らなりの「情報の生成」をおこなっているように見えた。
更にレポーターのほとんどが自身の興味によってここに来ていると明言していた。
今後のことを是非教えてくれ、という人がほとんどで「知りたい」という気持ちがこちらにも伝わってくる。

この違いは想像以上に大きい。
ようは誰を向いて情報を発信しているかが全く違うのである。

忘れないようにポイントを下記の二点にまとめておきたい。

・組織における合議制のジレンマをソーシャルハッキングによってイノベーションに向けること。
・対峙するメディアの特性を見極め時点での目的に応じて情報発信をコントロールしていくこと。

これらは自分にとって自戒すべき点だがコトの本質は「非制御による制御」である。
認識として上記の視点を持ちながらも「ノリ」でやっていくほかない。

最後に。
ファミ通Appsさんには本当に素敵な記事を書いてもらって嬉しい限りである。
発信者の視点が見える記事にこそ価値があると自分は考えており、情報は素の情報と情報価値(ここには利便性も含まれる)を付加された情報にわけられていくのだろう。

■今年も開催“I Love iPhone” サプライズ発表連発のなかでひときわ輝いたのは“ネコミミ”!?
http://www.famitsu.com/news/201109/16050466.html

■neurowear
http://www.facebook.com/neurowear
http://www.neurowear.com/

Written by TKM

9月 19th, 2011 at 12:15 pm

Posted in エッセイ

Tagged with

言語と人間の思考とキンキン声のつくりだす強要とストレスについて

without comments

言語によって規定される人間という存在、あるいは思考。
それにはどんな意味があるのだろう。
ビョークのHyperballadを聴きながら、ストックホルムにいる仁藤くんの写真を見ながら考えた。

丁寧な言葉によるコミュニケーションは感覚をまろやかにする。
逆に刺々しい言葉によるコミュニケーションは人を刺々しくしてしまうように思う。

街で見かけるキンキン声の母親は子供にとってトラウマ以外の何者でもあるまい。
親という存在に依存せざる得ない彼らは恐怖でしかない感情爆発の存在に対しても従順であらねばならない。
拒否は生存の困難さに直結する。

同様のストレスが日本語のコミュニケーションには本質的に存在すると自分は考える。
敬語は有効に機能すれば、純粋に敬いから発せられるならば、双方にとって言語は共振をつくるかもしれない。

しかし、それが意味をはっきりさせないまま社会的な強制に基づいて利用される場合、ネガティブにしか機能していない。
それはキンキン声の親に対して強要された従順さで接さざるえない子供たちと同様の心理的ストレスをつくり出してしまう。

首都の電車にはこうしたストレスが積み重なり、出口や理解やはけ口がないままに渦巻いているように見える。
人は本質的に優しくないわけではなく、誰にどう優しくすればいいのかがわからないでいる。

情報テクノロジーはこれをどう変えていくのだろうか。
ソーシャルメディアは一部を解決し、一部を加速させる。

ライブ会場には同種の興味を持った人々が集まる。
それでも集団の中に自発的なコミュニケーションは発生しない。
宗教の場合はイニシエーションによってコミュニケーションのハードルを下げる機能があるのだろう。
一時的であれ言語による「理解」と「共感」を実感させることに成功しているように見える。

音楽がパッケージビジネスからライブへと回帰しているのはコミュニケーションの側面からみると興味深い。
あの先には何があるのかを自分は考える。

場に集い時間と体験を集団で共有する。
そこには共振めいた感覚も時に存在する。

それでも人々はまだ隔てられた存在である。
ひとりひとりが何を思い、何を考えているかを共有するには至っていない。

どんなサービスがあれば「伝わるべきところに伝わるべき情報が伝わる」という状態がつくれるのだろうか。
「ステータス」の共有が日常的に自動的におこなわれる場合、それは最初にどこで有効化するのだろう。

海外にいくとこの種の議論が自然にはじまるのは言語により思考が変わるからだろうか。
正直なところ誰がどうしたという議論に自分はほとんどというか全く興味がない。
世界と人はどこに向かっているのか、この世界の成り立ちについてずっと話をしていたいといつも思う。

Written by TKM

9月 13th, 2011 at 8:32 am

Posted in エッセイ

Tagged with

中秋の名月に思うことと地方と情報と「幼年期の終り」

without comments

月の輝く夜@かちどき橋

帰り道。
月がやけに眩しかった。
調べてみると中秋の名月であった。

宇宙の日もかぶっているそうである。
昨日は岐阜のソフトピアで様々なディスカッションをさせてもらった。
今後、地方はどのようにスマートフォンやデジタルメディアと付き合っていけばいいのかを考えた。

地方には生産ラインはある。
しかし、プロデュース能力が不足している。
解決策はあるのだろうか、としばらく考えた。

ビデオマーケットの高橋さんやGClueの佐々木さんとも話をした。
地方でどうしてベンチャーが困難なのかについて議論した。
海外では地方にも有力なベンチャーがあるのになぜ日本にはないのかを考えた。

そこで二人と意見が一致したのは

・地方にいるベンチャーで「受託」をビジネスにすると都市部との距離がネガティブに働く。
・一方で非受託事業の場合、生活コストと風土の快適さが有利に働き「ユーザー」のためのプロダクトやサービスに集中することができる。
・よって、地方でベンチャーを行う場合「ユーザーのためのサービス・プロダクト」を開発する事業を行うこと、が有効である。

という点である。
これはとても腑に落ちる結論であった。

前からわかっていたはずだが言葉として人と共有できたことは大きな価値であった。

敬愛する清田くんと

話は飛ぶが上記の写真は今年の誕生日に自分が敬愛してやまない永遠の少年「きよたくん」と撮ったツーショットである。
何かしら心が惑う時、清田くんとの対話を思い出す。

様々な場面で人は迷い惑う。
惑わすもの迷わすものに共通して感じるのは「俗」という感覚である。
必ずしも悪ではないがかといって100%受け入れられるものでもない。
だから惑い迷うのであろう。

自分がそこで何故、清田くんとの対話を思い出すかといえば理由は簡単である。

本音で話せるからである。

これは簡単なように見えて難しい。
本音で人と話すとは藤原惺窩のいう「虚空への飛翔」と同意である。

あらゆる人が本音でコミュニケートできる世界はくるのだろうか。
あるいはつくることができるのだろうか。
それともつくるべきではないのか。

この2000年間の情報テクノロジーの進歩がオメガポイントへと向かっている、とするならばそこ(未来)でのコミュニケーションは今日の我々が行っているそれとは大きく異なることになるだろう。

それは「幼年期の終り」でアーサー・C・クラークが描いた情景に近いのだろうか。
それがどのような光景であれ、自分はそれをみてみたい。
それが日々をいき情報と接し続けている最大の理由である。

Written by TKM

9月 13th, 2011 at 12:08 am

Posted in エッセイ

Tagged with