KAGAYA.COM

TKM Journal

「あの日、欲望の大地で」と扉の話


あの日、欲望の大地で」を観てきた。

オープニングからいきなり引き込まれ、最後まで脳をフル回転させて観ていた。
時間と人が交錯し、最初のうちはどの時間に何が起こっているのかがわからなかった。

作品の特性上、内容については書けないが映画の最後の最後、全てがその一点に向かって再構成されていく様は見事であった。あの瞬間をつくるためにそれまでの全ての時間があったのだろう。

そして、シャーリーズ・セロンの醸し出す倦怠とやるせなさとエネルギーがバランスした空気に引き込まれた。
久しぶりに観た素晴らしいラストシーンであった。

■あの日、欲望の大地で
http://yokubou-daichi.jp/

そういえば明日はデジタルステージの平野さんらと久しぶりに会う。
楽しみだ。

Written by TKM

9月 27th, 2009 at 11:55 pm

Posted in 映画

Tagged with