KAGAYA.COM

TKM Journal

iTunesで音楽を選べない気持ち



上記はiTunes Music Storeのトップ画面(日本)である。

クーリエジャポンの音楽特集の号を買ったら巻末にiTunesの曲が一曲ダウンロードできるカードがついていた。
せっかくなのでこのカードを使ってさて一曲ダウンロードしようとiTunesにアクセスしたがここで問題発生である。

どうやっても「一曲」が選べないのである。

画面の何をキーに音楽を選べばいいのか。
ジャンルも選べるし、ランキングもきっかけになる、バナー群もたくさんある。
と頭ではわかっている。
それでも一曲を選ぶことが重い。

しかたがないのでバナーを適当に選んで試聴するがちょっと違う。
この曲ではない。

そう思っても次の曲にスイッチしようとするがスムーズに嗜好がリンクしていかない。

「もっと○○」とか「もっと○○より」みたいな指標で嗜好空間を漂うようなナビゲーションがあって欲しいものだ。
(今晩のアップルの発表ではこうした問題に対する回答があるのかもしれない)

2007年頃にやっていたアミューズの新規事業で僕らのチーム(津田君、僕、長さん、石川さん)はそんな音楽GPSをつくろうとしていた。
「自由に一曲だけ買ってイイよ」と言われて、あの頃につくろうとしていたサービスはやっぱり必要なんだな、と思った。

もう一度、あのコンセプトで数億人の人智を使った回答を考えてみようかな、と思う今朝であった。

※上記のプロジェクトはこんなカタチでまだ継続中である。最近は様子をみにいっていなけれどどこを目指しているのかな?(求む!株主通信)
http://drillspin.com/

Written by TKM

9月 1st, 2010 at 9:27 am

Posted in エッセイ

Tagged with