KAGAYA.COM

TKM Journal

Archive for the ‘動画レポート’ tag

iPhoneデコ電化計画&レポート

without comments

iPod Styleの企画でiPhoneのケースをデコ電仕様にする研究会がITmedia社で開かれた。

これまで「デコ電」にはほとんど興味をもっていなかったのだが所属している

モバイル表現研究所

のテーマとして岸くんが熱く語っていたのと2010年1月から発行予定のiPhoneマガジン(三栄書房)の創刊を手伝っている関係もあり、おっかなびっくりデコ電研究イベントに参加した。

その模様は下記のiPod Styleの記事でも紹介されている。

第2回 iPhoneケースデコ電会レポート

男性で参加しているのは主催者を除けばオレだけ。

会場についた瞬間からかなりアウェイな感じではあったのだがiPhoneマガジンの編集部の女性陣がいたのでホっとした。
本当は龍のデコにしたかったのだが先生に相談すると

「うーん、これだと6時間コースですね…」

とあっさり断念。思ったよりも時間がかかるらしい。そこで先生に

「じゃあ、先生、いちばん簡単なのを教えてください」

とお願いすると

「はい!実は、今日はオススメのがあるんですよ!」

そういって紹介されたのが下記の「スカル」

なんだ、これなら簡単そうじゃないか。スグ、終わるな。
ホっとして作業開始。

ところが…。
作業をはじめてみるとこれがなかなかに難しい。
デコに使うパーツは同じものを使っているように見えるが実は大きさが何種類もあって、大小のパーツをうまく組み合わせて「キラキラ」をつくっていくのである。

で、この組み合わせが難しいのだ。

作業自体は複雑ではない。
台紙を貼って、その上に爪楊枝を使って接着剤を塗り、乾く前に2mm〜4mmくらいのパーツを張っていく。

パーツを台紙の上においていくのに使うのが「マジックスティック」みたいな名前の棒で先端に微細な接着力がある。

台紙を切っていると

「すぐにシーンとなってカニを食べてる感じになりますよ」

とiPod Styleの人に言われたのだが半信半疑であった。
ところが最初はワイワイとみんなで騒いでいたのが台紙にパーツを貼る段になると一変、みんな寡黙である。
そういう自分もかなり寡黙に作業に入る。

男で参加しているのは自分ひとりのためか先生もいろいろと手伝ってくれる。
こちらもかなり本気モードである。

前夜にユビキタスエンターテイメントの清水社長らとガンガンに飲んでしまったので若干テンションがあがっていたのだろう。
デコケースが完成に近づくにつれて妙な達成感に包まれていった。

さて、そんなこんなで完成したのが下記である。

2時間ほどかかって完成させた初デコ電ケース。
やってみるのとできあがったものを見るのとではこんなにも印象が違うのか、と驚いた。

得難い体験をさせてもらった。
実際にやってみるとかなり面白いのだが、この面白さは実際につくってみるまでなかなか伝えることが難しそうだ。

次回は「モバイル表現研究所」でもデコ電制作講座をやろうと思っている。

Written by TKM

12月 27th, 2009 at 11:08 pm

祝・Ustream(iPhoneでの生中継)復活!

without comments

これまでJailBreak(iPhoneの改造)をしなければ利用することができなかったiPhoneによる動画の生中継ができるようになった。
試しにiPhoneから中継してみた映像が下記である。

一年前はモバイル動画にはまっていたので結構、動画レポートを作成していたのだが3GSになって以降は動画中継ができなくなっていた。これでようやく動画レポートが本格化するのではないかと思われる。

ちなみに上記の動画はWifi経由で中継したものである。

■Ustream(iPhoneアプリ版)
http://itunes.apple.com/jp/app/ustream-live-broadcaster/id319362690?mt=8

Written by TKM

12月 10th, 2009 at 10:02 am

Posted in 動画レポート

Tagged with

セカイカメラの最新版デモをみてきた 〜思っていたよりも軽快なパフォーマンスに期待が高まるがAR系サービスの課題も見え隠れ〜

without comments


慶應大学で開催されたAR Commonsでセカイカメラのデモをみてきました。予想していたよりも軽快なパフォーマンスでリリースが楽しみです。

実際にARのデモをみているとそこにどんな「情報」を表示すればいいのか、というソフト面での課題の解決にはまだ時間がかかりそうです。

これはスゴイ!

と思えるような体験を与えるにはどのような情報が表示されるとよいのか?

これがAR系のアプリ、サービスの最大の課題だと思います。

■LINK
セカイカメラ

Written by TKM

7月 14th, 2009 at 10:54 pm

2009.7.4 9:15PM 夜の銀座でボヤ騒ぎ消防車26台が出動

without comments


昨夜、通りを歩いていると人だかりと消防車の姿が見えた。どうやら火事らしい。通りにはビル から退出させられた従業員や客が溢れていた。26台の消防車が出動する騒ぎだったが火 事自体は大事にはならなかった模様。
詳細記事は下記。

夜の銀座でボヤ、150人避難 ビル6階の中華店

Written by TKM

7月 5th, 2009 at 11:06 am

iPhone 3GSのファーストインプレッションをiPhone 3GSの動画機能を使ってYoutubeにアップしてみました

without comments


本日発売されたiPhone 3GSですがパフォーマンスは「素晴らしい」です。
早速、ファーストインプレッションをiPhone 3GSの動画機能を使ってYoutubeにアップしてみました。
録音、録画機能ともに簡単なレポートとしては十分な印象を受けます。
Wifi環境がない場合も単体でアップロードできるのでEye-Fiよりも活用場面が広がるのではないでしょうか。
あとはqikのリアルタイム中継(生放送)がiPhone 3GSに対応すれば動画機能はひととおり揃うことになりますね。

Written by TKM

6月 26th, 2009 at 9:37 pm

黄昏の空にガンダムが起動した瞬間! それと情報とコンテクスト情報の話。

without comments


ずっと気になっていたお台場の実物大(全高18m)のガンダムを見に行ってきました。

いや、これは必見です。

何がスゴイってガンダムを目の前にすると笑ってしまうというか 、自然と笑みがこぼれます。

アニメの中のキャラが現実に飛び出してきたのに違和感がない。
前にバンダイミュージアムでみたガンダムとは違う印象でとにかく嬉しさがこみあげてきます。そこまでガンダムの熱狂的なファンではない自分ですらウキウキしてきます。

集まっている人々の表情も一様に明るく、老若男女、サラリーマンから怖そうな人までとにかく笑顔。こんなものをつくった人々は本当に偉い。素直にいい企画だなあ、と思いました。素晴らしいです。

帰り道、木々の間から見える勇姿を振り返りながら

「このガンダムは日本の、とくに、東京湾に面したこの雑多な場所に立っているからいいんだよな。諸外国の他の場所だとこの縁日感って出ないよな。」

と改めて思いました。

では、詳しくはYoutubeの動画レポートをご覧ください。

追伸:カネコ君に教えてもらったんですがメイキングビデオがYahoo!で公開されてます。

メイキング映像を独占無料配信
http://recommend.yahoo.co.jp/silverlight/gundam/

■情報とコンテクスト情報の話

映像をみると霧と発光の仕方など富野由悠季さんがしっかり関わってるようです。
プロデューサーの方が前田日明っぽくてこちらもよい感じ。
実物をみた後だとこのビデオも見え方が変わってきますね。

話はかわりますがヤフーのレポート動画を観た後、僕がお台場で観た映像の意味が自分の内部でだいぶ変化しました。
コンテクスト(文脈)によって情報の意味が変わってしまったのです。

僕はコンテクスト情報による「意味の変化」に興味があります。
例えばYoutubeには結婚式を撮影した動画が山ほどアップされています。
それらの多くは興味をそそられる映像ではありませんが、友人の結婚式の動画だとぐっと惹きつけられます。
同じような内容の動画でもコンテクストによって意味ががらりと変わってしまう例として結婚式の動画を出しましたが同じ情報が立ち位置によって別な意味を持つという現象は様々な場面に見受けられます。

現象や情報自体の価値とそれらの情報に意味付けを行うコンテクスト情報はそれぞれ別な価値をもっていて、これまでコンテクスト情報はパッケージ化されず、属人的に存在する影の存在として扱われていたように思います。

しかし、Twitterの登場や、Tumblrによる個人の「選択」の情報化(ちょっと前のソーシャルタギング等とは異なる)をみているとコンテクストのパッケージ化へと向かっているような印象を受けます。また、モバイルデバイスの情報発信機能(特に情報発信を意識せずに情報を発信していく方向への進化)なども、コンテクスト情報のパッケージ化の一部なのではないでしょうか。

世の中全部がある日突然ガラりと変わって見えてくる、かどうかはわかりませんが、モノや出来事やヒト、場所の価値というものはそれ自体が有している情報とそれをドライブさせるコンテクスト情報によって決まります。

コンテクスト情報はパッケージ化されていないことが多いので情報として扱うことが難しかったかと思いますがこれからは価値を持つ情報として扱われるようになっていくのだろうと思います。

ある情報を知っていることで別な情報の価値が変質してしまうような情報。
これが価値を持つようになる。

このように書くと2年前に石川さんたちとアミューズでやっていたプロジェクトのコンセプトそのままなんですがあの考え方は間違ってなかったと思います。タイミングが合っていなかったのでしょう。


ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]

Written by TKM

6月 24th, 2009 at 12:28 am

「空手超バカ一代」石井館長の語り口が面白すぎる!

without comments


格闘技ファンなら必読。
特に前半の語り口が面白すぎる。
事件についてはほとんど触れられてませんがオススメです。
石井館長の復活を心待ちにしていただけにこうした書籍を偶然手に出来て嬉しい限りである。
空手超バカ一代 (Bunshun Paperbacks)

Written by TKM

6月 14th, 2009 at 12:33 am

Posted in エッセイ

Tagged with

東京上空に現れた巨大な二重の虹

without comments


綺麗な円を描く虹のその奥にもうひとつの虹が見える。
こうした風景を眺めていると日常の出来事が些事に過ぎないことを思い知らされる。
この虹のたもとにはどのようなドラマがあったのだろう。
虹を眺める感覚で世界を眺めていたいものである。

Written by TKM

5月 30th, 2009 at 2:46 pm

ウェブ広告代理店を脅かすと噂の黒船「Google Ad Planner」を使ってみた

without comments


下記の記事に詳細がまとまっていたのでさっそくAd Plannerを使ってみました。

■PVもUVもユーザー属性も比較できる「Ad Planner」
黒船Google汐留沖に出現でWeb広告業界に激震!
http://ascii.jp/elem/000/000/420/420750/

いやはや、実に面白い。
詳しくは動画レポートでコメントしていますがこれらをみていると「情報の最適化」に向かっているように思えてなりません。

出し抜くとか上手くやるという考え方はしばらくすると過去の遺産になってしまうのではないかと思います。

Written by TKM

5月 24th, 2009 at 11:54 pm

ケータイにくっつけるとアニメが浮かぶ名刺ボックスに驚いた! 〜ARよりもこっちの方が面白いのでは?!〜

without comments


上記、MAKEで一番面白かった展示。
作成されたのは君塚さんというIAMASの方。

実際にいただいた名刺も面白かったので上記の動画で紹介しております。

Written by TKM

5月 24th, 2009 at 9:59 pm