KAGAYA.COM

TKM Journal

Archive for the ‘映画’ tag

映画「白夜行」 〜散見される異なる体系との接触

without comments

原作の小説を読んだのは10年くらい前だろうか。
キリハラというキャラに強い印象を持ったのを覚えている。

「編集王」という漫画がある。
その中盤に学生時代をフィクサーとして過ごす男のエピソードがある。
劇中、東大卒の特異な編集者は男に再会する。
しかし、男は国の中枢に入り込むことなく、落ちぶれていた。

白夜行を読んだ時、自分の脳内には「編集王」のこのエピソードがよぎった。

昨日の映画版はそれとは異なる印象を残した。

オープニングから70年代のATGを思わせる生々しい色合いのシーンから映画は始まる。
(個人的には75年の「祭りの準備」、76年の「青春の殺人者」、80年の「ツィゴイネルワイゼン」が好きだ)

パトカーのシルエットと雨と公衆電話は昭和を体現しているのだろうか。
時空に関する記憶が巻き戻されるような錯覚を覚えた。

以下は視聴直後に書いたメモである。

——————————-
(メモより)
素晴らしい出来であった。

小説もだいぶ前に読んでいたがその印象よりも強く心に迫ってきた。
堀北真希の演技もそうだが映像の重さが良かった。

昭和には土着の闇がある。

「黒く濁る村」でもあったようなドロドロとした「欲」の気配、蠢き、生命のあるいは情報の「ヌメリ」のような象徴が脳内で呼び覚まされる。
時間と映像の後ろに実体よりもリアルな「蠢き」「象徴」「存在」が一瞬だけ現れる。

全ての存在の背後に立ち現れる脳内結合。

図像としての ”○” 。

これは何なのか?

言葉の後ろに現れるもう一つの体系。
これが我々の奥、玄の玄のその奥にある本質なのだと自分は思う。

我々の行く先、それは100年後なのか1000年後なのかわからないがそこにはこの ”○” がある。

自分が求めて止まないのはこの情報なのである。
——————————-

自分は映画を観ながらそこに描かれるストーリーとは異なるものを観ていたように思う。
上記のメモでは”○”と記したがストーリーとは別に存在する我々の言語とは異なる体系にある「情報」とその気配。

自分はこれに魅せられている。
それは様々な場所に散見される。
しかし何なのかは、いまだわからず定位もできずにいる。

ただ、それに触れる時、意識はその一点に集約され他は消えていく。
根源的な何かが「ゆれる」。

全盛期の角川映画、近年の韓国映画の一部、そして世界中の様々な作品。
それらに共通して立ち現れる物質に触れるのに近い情報感覚。

自分が作品を観る、情報に接するのはこれが何かを知りたいがためなのだと思う。

Written by TKM

1月 30th, 2011 at 10:37 am

Posted in 映画

Tagged with

iTunes Movieレンタルで最初に借りたのは「イブの時間」

without comments

iTunes Movie
とうとう日本のiTunes Music Storeでも映画の配信が開始された。
最初は1000本程度と本数こそ少ないが国内でも数百万人以上が利用するiTunesというプラットフォームで映像配信が本格的にはじまったことは大きな出来事である。

PS3ストアやZuneストア(Xboxのオンラインストア)、アクトビラでも映画のレンタルサービスは既にあったわけだからAppleTVやiTunesが映画のオンラインレンタルをはじめたところで騒ぐ必要などないのではないか、といった論調のエントリーも幾つかみかけた。

しかし、使い慣れたiTunesの環境下で映像配信ビジネスが開始された影響は小さくない。
購入までのプロセスがコンパクトかつスムーズであるため視聴に至るまでのハードルが低く、気軽に購入ボタン(レンタル)が押せてしまう。

惜しむらくはストリーミングではなくダウンロード型なので購入のタイミングから視聴までにタイムラグがある点である。

記念すべき初回は「イブの時間」いうアニメ作品をレンタルすることにした。
ロボットと人間の関係をテーマとしたアニメ、という認識くらいしかなかったが、話題になった作品だったので以前から観てみようと思っていた一本だ。

(以下、アシモフのロボットシリーズを読んでいることを前提としてのメモ)

アシモフの「ロボットシリーズ」を読んで以降、ダニール(ロボットシリーズの主要登場キャラ・ロボット)と主人公のイライジャ・ベイリのコミュニケーション及び関係性にはこの世界(現代の我々)の問題をとくヒントがあるのではと思っている。

本作が描く関係性はロボットシリーズのそれと比較すると優しさと切なさが強く演出されているが問題意識の本質は同じように見えた。

ロボットという存在とのコミュニケーションでは人側に絶対的な優位性がある。
設定上、ロボット三原則によりロボットは悪意を持てない。
だからロボットとのコミュニケーションにおいては底意なく振る舞うことができる、かもしれない。
(対人だとそれが難しい。人の世界のルールの多くはコミュニケーションの問題に起因していると僕は考えている)
それが人と人のコミュニケーションと人とロボット(アンドロイド)とのコミュニケーションの最大の差異だと僕は考える。

「月は無慈悲な夜の女王」を読んだ時も同種のインスピレーションを感じた。
絶対的な信頼をベースとしたコミュニケーションがありうるとすれば上記の二作が描く関係性に基づくものなのではないかと。

この問題については引き続き考察を続けたい。
この時代においては以前にも増して重要なテーマだと思う。

時間も時間なので今宵はこのあたりで眠ろう。

Written by TKM

11月 15th, 2010 at 2:34 am

Posted in エッセイ,映画

Tagged with ,

祭りの準備 〜女優の競演にクラクラした〜

without comments

今夜はこれまたずっと視聴せずに放ってあった「祭りの準備」を観た。

2/3あたりまでみてビールが飲みたくなり、サンダルをひっかけて外に出た。
風が強く体が冷えそうであった。
戻ってきて続きを観ながらプレミアムモルツの黒を飲んだ。

映画「祭りの準備」の舞台は高知である。
僕は一度もいったことがない土地だ。
しかし高知を舞台にしたドラマや映画は幾度か観たことがある。

アニメ作品の「海がきこえる」も高知が舞台だった。
先日、タドコロ君にもらったお土産も高知の鰹であった。

映画を観ていてそのレトロ感に懐かしさを感じつつも、女優の存在感に圧倒された。
個人的な意見だが「祭りの準備」は女優の競演が素晴らしい。

それぞれの女優が雰囲気を持っている。
自分のシーンになるとその場面に出ている女優が主人公に変わる。
そんな空気を彼女たちはつくりだしていた。

もう一つ、既視感を感じたことがあった。

主人公の母親役の馬渕晴子である。
彼女は「母なる証明」の主人公役のキム・ヘジャに似ていた。

二者に共通するものは何なのだろう。
キーボードを打ちながら考えた。

息子と共生関係を維持しようとする母親という構造といったらいいだろうか。
心理学ならうまい言葉で説明するのだろうけれど、劇中の役柄が似ているのかもしれない。

序盤。
映画はストーリーが錯綜する。

脚本家を目指す主人公の脳内イメージが映像化され劇中の現実側のタイムラインに前触れもなく挿入される。
この演出も面白かった。

しかし、各場面で見せる女優陣の表情、特に目がつくりだす空気は更に印象的であった。
昨日から貯まりっぱなしの映画を一日1本づつ観ていこうと思って見始めたのだが、二日目にして濃厚過ぎて倒れそうである。

ちなみに明日の予定は「ジュリアン [DVD]
(ハーモニー・コリン)である。

祭りの準備 [DVD]
■祭りの準備

Written by TKM

1月 26th, 2010 at 2:21 am

Posted in エッセイ,映画

Tagged with ,

「愛のむきだし」 〜映画という体験について考えた〜

without comments

長いこと放っておいた「愛のむきだし」をようやく観た。

飽きさせることのない237分は脳に強烈な印象を与えた。
視聴し終えて久しぶりにブログを書いている。

下記は視聴直後に書いたTweetである。

「「愛のむきだし」ようやく視聴。いやー、面白い。映画なんだけれど劇的というかストーリーテリングの体系がシフトチェンジしまくる感じが脳的で素晴らしかった。このギアが変わる感覚ってスゴイ好きだ。いやー、いい時間だった。これ、名作だ。」

アマゾンの感想をみると映画の内容について触れられているものが多かった。
自分の場合は上記のTweetでも触れたように「脳的」な感覚にまいってしまい、何かしらアウトプットせずにはいられずこうしてキーボードを叩いている。

映画なのだけれど脳的には映画ではない感じといったらいいのだろうか。

強引に自分の感覚を言葉にするならば

「視覚と聴覚を画面上の時間にゆだね、237分を脳的に別な世界で過ごした感覚」

とでもなろうか。

237分という時間、現実世界とは異なる時間軸と秩序体系に感覚をさらすことで脳内秩序と劇中世界が滲んでいき、映像と音声を通じてそこに描かれている情景とは別な意味を脳内で形成していくプロセスに自分はストーリーテリングとは別の心地よさを感じた。

この種の感覚を体感するには視聴する際に別な秩序体系への一時的な拘束、脳が劇中世界の秩序に慣れていくための視聴時間が必要とされる。

これに耐えることができれば、劇中世界と現実の自分との関係が滲んでいく。
(視聴時間の全てが必ずしも面白いわけではない。例えば「ストーカー」なんかもこの感覚に近くて、あの現実とはちょっと違う時間の感覚に長時間、身をおいていると徐々に感覚がディストーションされてきて映像が別な意味をもって迫ってくる。「愛のむきだし」に関していえば映像とテンポとテーマのバランスが絶妙で脳が慣れていく際の負荷が低くエンターテイメント性が高い。それでも通常の娯楽作品と比較すればかなり負荷は高いけれど)

そして、こうあって欲しいという自分の意志と、そこからズレていく劇中世界の秩序がせめぎ合い緊張が生まれ、それが脳に響いてくる。
観ている映像と感じる意味・概念がズレていく感覚である。

自分はこういった感覚を与えてくれる作品が好きだ。
しかし、それはめったに体感できない。
体力が必要というのもあるのだけれど、どうにか劇中世界との関係を構築できたときは「戦った」といった満足感が得られる。

「愛のむきだし」は久しぶりに「脳が戦った」そんな印象を受けた237分(作品)であった。

愛のむきだし [DVD]

Written by TKM

1月 25th, 2010 at 4:22 am

Posted in エッセイ,映画

Tagged with ,

「あの日、欲望の大地で」と扉の話

without comments

あの日、欲望の大地で」を観てきた。

オープニングからいきなり引き込まれ、最後まで脳をフル回転させて観ていた。
時間と人が交錯し、最初のうちはどの時間に何が起こっているのかがわからなかった。

作品の特性上、内容については書けないが映画の最後の最後、全てがその一点に向かって再構成されていく様は見事であった。あの瞬間をつくるためにそれまでの全ての時間があったのだろう。

そして、シャーリーズ・セロンの醸し出す倦怠とやるせなさとエネルギーがバランスした空気に引き込まれた。
久しぶりに観た素晴らしいラストシーンであった。

■あの日、欲望の大地で
http://yokubou-daichi.jp/

そういえば明日はデジタルステージの平野さんらと久しぶりに会う。
楽しみだ。

Written by TKM

9月 27th, 2009 at 11:55 pm

Posted in 映画

Tagged with

「スラムドッグ$ミリオネア」のマドゥル・ミッタル(サリーム役)が素晴らしい存在感だった

without comments


ようやく「スラムドッグ$ミリオネア」を視聴。
全体を通してよい出来だと思うがストーリーよりも何よりもサリーム役(主人公の兄役) のマドゥル・ミッタルの存在感にノックアウトされた感じだ。何がってのをうまく言えな いんだけれど、この人には人を惹きつける魅力がある。
それとコメントでも触れているがエンドロールの映像が素晴らしかった。
必見である。

Written by TKM

5月 12th, 2009 at 8:40 pm

Posted in 映画

Tagged with ,

映画「ヤッターマン」はスゴかった!牛頭のあのシーンが蘇るとは!

without comments


とうとう「ヤッターマン」(実写版)が公開されました。作品のノリに順応できてからはかなり面白かったです。三池節全開で「そこでこうくるか!」とやられたシーンが多数ありました。

しかし、最初はノリがあわなくて途中で劇場を出ようかと思ったくらいです。
が、段々と脳が慣れてくると微妙な「間」が心地よく、今朝は「あの続きみたいなあ」と思ってしまいました。

というわけで「牛頭」が好きな方は是非。
脳に効きます。


極道恐怖大劇場 牛頭 [DVD]

Written by TKM

3月 9th, 2009 at 5:51 pm

Posted in 映画

Tagged with ,

映画「Network(ネットワーク)」

without comments

ようやく視聴。
1977年の作品だがいまみても全く古さを感じさせない。
構造はかわっていないし、終盤にでてくる「会長の宇宙論」はいまや新書でも語られる程度にリアルな現実と化している。オススメです。


NETWORK [DVD]

Written by TKM

2月 4th, 2009 at 12:39 am

Posted in 映画

Tagged with

レボリューショナリーロード 〜ケイト・ウィンスレットのコワさがいい〜

without comments

随分前に予告編を観た。

地味そうな映画。

それが第一印象である。

実際に視聴すると「地味」ではあるが非常に面白かった。
登場人物は若く可能性に満ちた夫婦。
地域に埋もれていくことに恐怖といらだちを感じつつも脱することができずにいる妻とそこまでの焦燥はないがかといって野望というほどの希望もない夫。

「家族の崩壊を描いてるいるのに子供がほとんど出てこないのはおかしい」

というコメントをどこかで読んだが確かに子供はほとんどでてこない。
妻はいまの生活を脱するべく「パリ」への移住を提案するが…。
というのが話の大まかな流れである。

「パリ」への移住をトピックスとしてまわりの人間に伝えるがすんなりとは進まない。

しかし現実はどうなのだろう?
スイスイと生きていくことは難しくないのではないか。
運さえあれば。

映画で描かれているまとわりつくような現実感に圧迫されている人はどのくらいいるのだろう。

この夫婦の問題を整理してみよう。

「いまの生活にうんざり、なんかいまいち自分が活きてる感じがしない」

 ↓

「なのでパリにいっちゃおう」

 ↓

「でも3人目の子供ができた。でもパリにはいきたい。中絶も厭わないわ」

 ↓

「昇進の話もあるし、妻も妊娠しちゃったし、それを理由にパリ行きやめようかな。そしたら普通にはハッピーだし。そうだ全部妻のせいにしてこのままステイしよう」

という感じで物語は進んでいくのだがこの種のドラマの類に違わず物語は幸福ではない結末を迎える。

視聴後、この夫婦の問題についてしばらく考えた。
彼らの問題を解決する「企画」はどんなものだろうか。

家族でパリにいって生活を変えつつもダンナは昇進もしてやりがいを感じて、なおかつ妻は出産もして、なのにのんびり感があり、ダイナミックで穏やかな生活してるという未来も構築可能なはずだ。

現実にはそういう人たちがたくさんいる。

でも、それじゃあ映画にならないので物語は悲劇をもって大団円となるわけだがどうにもそこに違和感が若干ある。

ようはトライ&エラーが自由な環境さえあればこの家族は仕事のエントラップメントを脳外に放り出して、パリでもどこでも環境を変えてトライできるわけだが(特にダンナ)ある要因のせいでそこに踏み切れない。

その要因のひとつは「お金」である。

この夫婦のストレスの原因のおおもとは「お金」を得るために働いてるダンナに奥さんが「カッコよくない」と腹をたててしまっていることなんだが、かといってオプションとして閃いた「パリ」という回答には「リスク」がセットになってるし、必然性もない。(設定では妻が絶望しつつ過去の写真をパラパラめくっているとエッフェル塔の前で撮影されたダンナの写真をみつけて「これだ!」と閃く)

なのでダンナとしては

「うーんちょっと」

となってしまう。

たとえば、

1.いけるギリギリのリスク範囲の予算と期間を見積もってその期間でトライする
2.生活リスクをカバーできる資産 or ビジネスを確立し、でもってトライする
3.まずは最重要問題を再整理してから打開の戦略を立てる(まあこれがベストだな)

という感じで選択肢を整理していくと解法もみつかるかと。

もしも衣食住がフリーな世界が実現できたらみんなでワーっと走っちゃうのもありだと思うけれど残念ながら、実現にはもう少し時間がかかりそうである。なので残念ながらあと数十年は多少の「企画」は必要であろう。

でも、これでダンナ(ディカプリオ)が

「オレがやりたいのはメイド喫茶とマンガだ。日本でマンガとメイド喫茶をやる」

といったら、この奥さん

「あなたには無限の可能性があるわ」

となるんだろうか。
といろいろ考えるわけだが僕個人はこの世界の絶対の戦略は「生き残ること」だと思っている。(恩師の遺言でもある)それを考えると最大のリスクは「死ぬこと」であって、このリスクを回避できる限り、脳をドライブさせる選択こそがあらゆるリスクにまさる戦略だと考えている。

だいぶ自分の妄想に偏ってしまったので話を映画に戻すとケイト・ウィンスレットの顔がタイタニックの頃に比べると相当に迫力があってコワくてよい。

映画「リトル・チルドレン」もそうだったがケイト・ウィンスレットはこうした冴えない主婦の役が非常によい。なにせ迫力が違う。あんなに迫力があるのに冴えない主婦(昔冴えてた感じがやさぐれ感をだしててよいのだ)なんていない。

以上、雑感でした。

※「エターナル・サンシャイン」では素敵でかわいい女性を演じてて好きですが。


エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]

Written by TKM

1月 29th, 2009 at 11:42 pm

Posted in 映画

Tagged with

映画「Cool Hand Luke(邦題:暴力脱獄)」 2009年最初の月からNo.1の映画を観てしまった

without comments

いまは亡きポール・ニューマンの作品である。
全く予備知識なしに視聴したが素晴らしいの一言である。

若き日のポール・ニューマンはあまりにもまぶしく輝いておりクラっとした。
「波止場」のマーロン・ブランドを彷彿とさせる。
スターと呼ぶにふさわしい存在感である。
石原裕次郎が登場した時もこんな感じだったのだろうか。

映画の内容も素晴らしかった。
最近のマルチスレッドな脚本とは全くリズムが違うため展開は遅い。

しかし作品にははっきりと時代の空気が刻印されている。
おそらくいまではつくることが困難なタイプの作品である。

洗車シーンやタマゴの大食いなど素晴らしいシーンも満載で飽きさせない。
が、それよりもポール・ニューマンをはじめ登場人物が口にする台詞のひとつひとつが粋だ。

序盤をみるかぎり

「ふーん、こんな風に対立構造をつくってそれがほどけていくことでスカっとさせる映画か」

などと思って観ていたがそんな単純な話になならない。
描きだすのは不幸でもないが幸福でもない。
より抽象的な概念へと迫っていく。

システムに組み込まれることへの批判ともとれる台詞が多数あるのだがそれらはシステムへの従属に対する批判でありながら、更にその奥にある「宗教」あるいは「神」というテーマへも踏み込んでいる。

ラストシーン。
4つに裂かれた美女を抱くルーク(ポール・ニューマン)の写真の継ぎ目が道路の十字と重なる。

印象的なシーンである。

それにしてもこんなにいい映画を今夜観ることができるとは思っていなかった。
このような未視聴の映画に出会えたことは幸運である。
この上ないよろこびを感じている。

追伸:作品の中でポール・ニューマンの母親役を演じているフリートは実はニューマンの6歳年上である。それでも母親役を演じきっている。また、劇中にでてくる囚人による舗装シーンでは実際に彼らが郡の道路を舗装した。


暴力脱獄 特別版 [DVD]

Written by TKM

1月 18th, 2009 at 2:10 am

Posted in エッセイ,映画

Tagged with